menu

注射で解決

簡単な部分痩せをする

微笑む女性

美容整形の一種でもあると言われているのが部分痩せです。部分痩せは昔はメスを使った脂肪吸引手術をすることが一般的でしたが、今は技術の発達もあってメスを使わない脂肪吸引手術もあります。メスを使わない脂肪吸引手術と言うと機械を気になる部分にあてて、そこの脂肪細胞を破壊するという方法があります。ですが、これ以外にもっと簡単な方法には脂肪溶解注射が挙げられます。脂肪溶解注射というのは、その名前の通り脂肪を溶解するための注射のことです。この注射に使われている液体は身体に害のない自然由来のものが利用されているので、安心して部分痩せに挑む事ができます。自然由来のものはハーブを使っていることから、別名ハーブ注射とも言われています。このことから、部分痩せの情報サイトで脂肪溶解注射はハーブ注射とも言われているのです。

効果が早い

脂肪溶解注射は細くしたい部分に打つことによって効果が現れます。効果は打った翌日から出てくると言われているだけでなく、半永久的という持続力があります。これらに加えて、他の脂肪吸引方法と比べると価格がリーズナブルということもあって人気が高いです。リーズナブルな価格と言っても、1ccで金額が設定されているので使用量が多いとその分価格も高くなります。また金額は全ての美容整形外科や美容クリニックは同じというわけではないので、施術を受ける場所によっても異なってきます。これらのことを踏まえて、脂肪溶解注射を検討すると良いでしょう。

マーキングが重要

脂肪溶解注射の施術をする時に、注射を打つパーツにマーキングを行なっておきます。
このマーキングはボティラインを整える上で大切なものになります。脂肪融解注射は部分的にしか効果が無いため、打ちどころが悪いと違和感のあるボディラインに仕上がる場合もあります。人によってはボティラインにこだわりを持っている方もいるので、脂肪を落としたいパーツを事細かに伝える必要があります。トラブルなく施術を受けるためにも、理想のボティライン像を固めることが大切です。