menu

事前に把握しておく

施術前の不安を取り除くこと

薬と注射器

一番リーズナブルというだけでなく、とても簡単な脂肪吸引方法と言われている脂肪溶解注射ですが、実際に行うにしても前もって情報を把握しておかないと不安になります。脂肪溶解注射を行うまでの流れはとてもシンプルなものになっています。まずは始めに、他の脂肪吸引の方法と同じように医師とのカウンセリングから行います。医師とのカウンセリングでは、補足したい部分を伝えることだけでなく、どのくらいの細さにするかを決めることも重要です。多くの女性はモデル体型に憧れていることから、そのようにしたいという人もいます。こうなると脂肪溶解注射の液の使用量も多くなり、費用もグンと上がるので注意が必要になってきます。カウンセリングが終わった後にはいよいよ脂肪溶解注射を打っていきますが、その前に注射を打つ部位を綺麗にしてからです。部位によっては痛みが感じることがあるので、麻酔の有無をカウンセリングの時に相談しておくと良いでしょう。脂肪溶解注射を打った後は休んでからすぐに帰宅ができます。その日で帰宅が出来るので、嬉しい脂肪吸引方法です。

時間とその後について知る

脂肪溶解注射を打つまでの流れだけでなく、施術時間や施術後のことについてもしっかりと把握しておくことが必要になってきます。施術時間は左右の二の腕で約20分となっていて、一時間以内で終わるようになっています。施術後では個人差によってくるのですが、内出血や腫れは殆どありません。化粧も運動も入浴もその日で出来るようになっていますので、施術後はいつも通りの生活ができますので、仕事もプライベートも支障が出ることはありません。

高評価を得ている理由

実際に脂肪溶解注射を打った人たちは費用や効果だけでなく、術後のことについても大変満足しています。特に働いている人、趣味でスポーツをしている人にとっては有り難いものですので、高評価を得ているということが理解出来ます。また、施術後に腫れや内出血が数日経っても引かないという場合には、アフターケアもバッチリですので施術前も後もなんの不安もなく脂肪溶解注射が出来ます。